2010年12月05日

SRシリーズ


シュッシュッシュッ〜〜!!

みなさん、今宵SDNをGAGAGAお過ごしですか?

間違えた、いかがお過ごしですか?

わたくしはと言うとよせばいいのに

入江 悠 監督作品「SR サイタマノラッパー」をレンタルし観賞しました。

006.JPG

なぜ、よせばいいのかと言うと確か春ごろ友人2人と

バルト9レイトショーで本作品を観に行きました。

映画全編ヒリヒリした気まずさは僕らに激痛を残した。

そのあと、ゴールデン街でお酒を呑みながら、映画に

ついて話をしたけどショックが強く若干ヘコんでしまい、

盛り上がりにかけ、しかも後半は熱っぽくケンカ手前で

将来を語る、とても残念な仕上がりとなった。

焦らせる「何か」がこの映画には十分なほどあり、

みんな熱っぽくなるのも納得の作品。そのくらい強力な

映画をなぜ観直したかと言うと、先日多摩映画祭にて

「SR サイタマノラッパー」の続編

「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー★傷だらけのライム」

を観たからDA!

005.JPG

「SR1」がサイタマのダメダメな男子達の話なら「SR2」は群馬のコチラもパッとしない

女子達の話。インディーズスタイルの映画でプログラムピクチャー

(寅さんや釣りバカの様な作品)というとても無謀でインディペンデントな

長期シリーズになるらしい。

「SR1」では男子達はラッパーを夢みる。一方「SR2」の女子達はラッパーになると

言うモチベーションはなく高校の学園祭でやったLIVEを再び20代後半になった

自分たちがあの時のキラキラしていた日々を取り戻すため復活LIVEをやろう!

と、スタートから身の丈にあっている、スケールの話。みんな仕事もしてるし

男に貢いでいたり実家が借金あったりメンバーそれぞれが問題を抱えていて

結婚適齢期など女子にとっていろいろイタイ年頃の未来の展望なしなリアル感は

ヒリヒリとスクリーンから伝わる!が、、、、、、、、

「SR1」がなぜ僕らにとって強力な映画なのかは「SR2」にあるものすらないからである。

よくスポーツの場などで聞かれる「失うものは何もないんだ!」と言う激励がある。

これはあくまで言葉の綾で実際に失うものがない人間なんていない。

「SR1」の主人公IKKUは仕事はしていないし好きなコに思いも伝えられないまま

多分もう会えない様な別れ方をして憧れのTKD先輩は病死しHIPHOP仲間の先輩と

後輩にも裏切られドンドンいろんなものが主人公の前から奪われていく。

最後には大好きなHIPHOPまで奪われてしまいそうになる。

これがリアル「失うものは何もない」状態とても直視できない。

この状態から最も気まずいシチュエーションで最も気まずい方法論、即興で

ラップするフリースタイルで自分の思いを吐露する伝説の長回しラストシーン

でのSOUL SCREAM(レジ打ってるが夢は捨ててねえぞ/マイクなくてもライム止まらねえだろ)

はやはり何度観ても号泣メーン!

基本男はバカなんだなーとSRシリーズで再確認しました。

入江監督はどんなことが起きてもSRシリーズを続けるらしい。IKUUがHIPHOPを

ライムを止めないように。

田舎とHIPHOPというズレがマイノリティーな状況を生むこの作品。

次回は栃木らしい。

002.JPG

いずれは東京、大阪、名古屋、北海道それぞれ特徴のある大きなHIPHOP TOWNに

IKKUとTOMが行くことを楽しみにしたい。

この作品からのインスパイアをうけライムスター「ONCE AGAIN」宇多丸氏のバースが生まれ

いとうせいこう氏が口ロロ名義で「ヒップホップの初期衝動」をつくった!

これぞHIPHOP!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

最後に10代の頃からちょくちょく行っていた多摩映画祭とてもローカルな映画祭ですが

素敵な作品が毎年上映されていてオススメーン!

004.JPG

ちなみに全然関係ないけどSDN48推しメンは芹那だと思うヤツは

Put your hands up in the air!!!!!!!

知らないヤツは良くチェックしとけって話、以上、終了。



posted by midnight_madness at 04:22| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。