2011年03月09日

RHYMESTER「POP LIFE」語りつくす。その1


Twitterばかりやっていると長文が書けなくなる。と糸井重里氏か

いとうせいこう氏だったかが言っていたのでヘタクソな文章ではありますが

長文、書いていこうと思う。



Midnight Madness見とくべし、よく見とくべし!!!!!

人生は正しくPOP!!!そして苛酷!!!

選択肢はふたつにひとつ!やるか、やらないか、

だからDo it!Do it!Do it!!!

という訳で今回はRHYMESTER NEW ALBUM「POP LIFE」を

あくまで個人的な視点から語りつくします。

もちろん、色んな所でのインタビューやらを踏まえつつ

全曲解説に挑戦。



2011.03.02リリース。前作「マニフェスト」から約1年の

RHYMESTER史上最速のスパンでリリース!!!!!

前作同様全て外部プロデューサーの曲(1曲を除いて)

トータルプロデュースは坂間大介ことMummy-D

TwitterでのK DUB SHINE 愛ある「POP LIFE」Disで

外部プロデューサーの曲であることが一部の人達から避難

されていましたがコレは「マニフェスト」と言う作品から

見事に繋がるコンセプトアルバムな訳で、だからこそ

この最速のスパンの意味があるし「マニフェスト」と

同じ手法、外部プロデューサー起用で正解だと思う。

もちろんMummy-DのトラックもDJ JINのトラックも

聴きたいがそれはまたの機会でいいじゃないか!!!

楽しみに待とうと個人的には思います。


前作「マニフェスト」これは本当にいい作品だった。

RHYMESTER IS BACK!!!

KING OF STAGE を証明する完璧なものだった。

ONCE AGAINではじまり名曲ラストヴァースでしめる本編。


もし これが音楽じゃなくて もし ただの騒音だとしても

もし 届くなら届けよう その先の景色見届けよう

もし それが現実じゃなくて もし ただの幻想だとしても

もし 届くなら届けよう その先の景色見届けよう

創りだすとしよう 次のラストヴァース4U

でラストヴァースという曲は終わる。なんとも感動的。

 


そして今作「POP LIFE」


1. After The Last -Intro (Produced by DJ WATARAI)

なんとラストヴァースのパーツを使ったイントロからスタート!!

あの感動すら前フリにしてしまうスゴさ!!!!!!!

そして、、、、、



2. そしてまた歌い出す (Produced by DJ WATARAI)

ラストヴァースを経て彼らがまた歌い出す、その理由を

しっかりRAPする。ラストヴァースからの余韻も引きずり

オープニングからがっちりエモーショナル。



3. Just Do It! (Produced by DJ HASEBE)

デカいことをやるぜ〜って事を歌ってるが実際歌詞の中では

何もやってない、いかにも日常にある光景。

でもRHYMESTER自身はやれているので妙な説得力もある一曲。

【やりたいヤツは大体友達】なんてパンチラインもでてくる。



4. ランナーズ・ハイ(Produced by AKIRA)

忙しすぎて すげぇHigh 正にいまのライムスのLIFEを

歌ったこの一曲。

生活が忙しいなんてこの世界は、、、、、



5. ほとんどビョーキ(Produced by DJ JIN)

ほとんどビョーキdeathよ!!!!!正常で元気なヤツなんて

あまりいないぞって曲。そもそも標準がこのダルイ状態なんじゃ

ないかと思わせるふざけた曲。

【元気ですかーーーー!?】と病気だと言っているのに

空気を読まず叫ぶDJ JINの狂気っぷりに注目です。

つまりあまり調子悪い調子悪い言うな!!!っと言う

反面教師にもとれる曲です。

ちなみにこの曲だけが外注ではなくDJ JINによるトラックです。

カッコイイです。



6. Hands(Produced by AKIRA)

アルバムリード曲。D氏曰く誰も望まないものをつくてるんじゃないか

と悩みながらライムスターが新たな側面を出した勇気ある一曲。

テレビやラジオ等ではこの作品が話題にあげられPRされた。

子育てしている母親にあてたセイヴ・マザーズがテーマのシリアスな楽曲。

実際に普段HIPHOPを聴かないお母さんたちに届いたと言う意味では

とても大きな一曲。現に自分には赤ちゃんのいる姉がいて

この曲を聴いてもらったがライムスターにこんな曲が

できるのかと感動していた。

ユーミンを例にだし歌謡曲とのレベルの差を意識している

ライムスターにとってこのタイミングでチャレンジして正解だと

思った。それでもヤダと言う人もいると思うがこの曲を

ライムスターがシングルでリリースしなかった事実とコンセプトありきの

アルバムに収録されているため今後LIVEで必ずやるなんてことには

ならないはず。と言う点で信用してもいいんじゃないかと思う。

それに宇多さんのヴァースはかなり論理的に堅いRAPをしてるので

メッセージソングだからとかピアノで始まるマスうけだからなんて言わず

ちゃんと聴くのがオススメ。



7. ザ・ネイバーズ(Produced by AKIRA)

近隣問題や隣人問題つまりとなりのキ○ガイ問題をテーマに

ライムスのユーモアが爆発!!!!

【欲しいのパンダじゃないぜ】なんてリリックも飛び出す。



続きはまた今度書こう!!!!!!早い話がPOPLIFEオススメーン!!!



















posted by midnight_madness at 12:01| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。